test1
Home Curriculum Vitae StudentOppotunities Student Oppotunities Monitoring Publications Contact
DSCF0066

 

 

 

 

私(西村卓也)は、GNSS(GPS)やInSAR、測地測量等の測地学的手法によって観測された地殻変動データを用いて、日本列島の地下で生じる地震やスロースリップなどの断層運動、マグマの移動などの火山現象、プレート運動などのテクトニクスの理解を深める研究をしています。このページでは、私の研究結果と最新の日本列島の大地の動きを紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

My resesrach interest is to understand a subsurface tectonic phenomenon using geodetic data muasured by GNSS(GPS), InSAR, leveling, and so on. Examples of the tectonic phenomenon are fault movements including earthquakes and slow slips, fluid migration under volcanoes, and a plate motion. This webpage presents results of my research and ongoing deformation on the Japanese Islands.

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ
研究室の
メンバーを更新しました.(2020.4.2)
モニタリングのページを全面的に拡充しました.(2018.11.22)
NHKの「そなえる防災」のページに島根県西部の地震のコラムを執筆しました.あと2回ほど続きが公開される予定ですのでご覧下さい.(2018.8.23)
モニタリングのページをさらに拡充しました.(2018.5.19)
研究室のメンバーを更新しました.(2018.4.12)
 

 

 

 

 

西村 卓也
准教授,博士(理学)

京都大学防災研究所地震予知研究センター
海溝型地震研究領域

〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄

Takuya NISHIMURA

Associate Professor, Doctor of Science

Research Center for Earthquake Prediction
Disaster Prevention Research Institute
Kyoto University
Gokasho, Uji, Kyoto 611-0011, JAPAN

Last updated: 2020.04.20

wwwrcepdprikyotouacjp1
logov3