Masatoshi Miyazawa's Web Page
@Rosalie Peak, Colorado, USA
宮澤 理稔
博士(理学)
准教授
京都大学防災研究所附属地震予知研究センター
Masatoshi MIYAZAWA
Ph.D.
Associate Professor
Research Center for Earthquake Prediction
Disaster Prevention Research Institute
Kyoto University
E-mail: miyazawa {at} rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp
学外委員・役員等
公益社団法人日本地震学会 代議員
文部科学省 地震調査研究推進本部 地震調査委員会 委員
文部科学省 第8期科学技術・学術審議会 測地学分科会 地震火山部会 専門委員
※大学院生の募集について大学院入試情報(修士課程の説明会情報もあります)
 大学院生として京都大学防災研究所で地震の研究をするためには、
 京都大学大学院理学研究科への入学が必要です。

Research Interests

Remote, Dynamic Triggering of Earthquake and Non-Volcanic Tremor
地震及び非火山性微動(深部低周波微動)、火山性微動の遠地誘発・動的誘発

Study on the triggering of small earthquakes, non-volcanic tremor, and volcanic tremor caused by the passage of seismic waves from distant large earthquakes. Such induced or triggered seismicity is often seen across Japan and these studies provide a better understanding of the mechanisms that cause earthquake and tremor occurrences.
遥か遠くで起きた大地震の地震波が日本列島を通過する時、小規模な地震や非火山性微動が誘発されることがある。どのようにして地震や微動が誘発されるのかを調べる事により、地震発生メカニズムの解明に迫っている。
例:東北地方太平洋沖地震による地震のダイナミックトリガリング(動的誘発作用)
東北地方太平洋沖地震によって発生した地震波(表面波)が、日本列島の各地で地震を誘発しながら広がっていたことを発見した。
【動画で見る】 動的誘発の様子は動画後半部分
see more

etc

links


Copyright © 2011-2015 M.Miyazawa, All rights reserved.